2013年02月09日



立春( りっしゅん )の定食



寒い毎日の中に少しずつぽかぽか陽気の日が混じってきました。

立春、春の始まりです。



春の気配を一番に教えてくれる山菜、蕗の薹も三浦半島では出てきました。


r0011671_w.jpg


蕗の薹に代表される春野菜のこの苦みは、

冬の間に眠っていた細胞を呼び覚ましてくれる効果があるようです。

そして何より、スーパーなどではどの季節も同じものがならぶ現代において

ああ 春がきたなあ、とはっとさせてくれる貴重な存在でもあります。



そんな今の季節の『 立春の定食 』は・・・


r0011674_w.jpg


・春のかき揚げ二種、三つ葉と浅蜊・新じゃがと青さのり

・新若布と分葱のおひたし

・赤かぶと干し大根のマリネ

・薄氷仕立て ゴボウ真薯の汁

・蕗味噌ごはん

・香の物

・人参ムース+四万十手もみ番茶




という献立です。


r0011686_w.jpg


上の写真の、薄氷(うすらい)仕立てのお汁は、

暖かくなり、厚かった氷が薄くなってきた様子を表しています。

氷の下には春の芽生えの準備が進んでいます。



おいしい春を味わいに来てください。


皆様の起こしを心よりお待ちしています!





次回の定食の変わり目は・・・雨水(2/18)の頃です。

(お店の都合上、多少前後することがあります。)



料理こしらえ・牧野

posted by YUSAN -ユサン- at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 二十四節気 季節の定食